natural&eco ナチュエコ ~人と自然にやさしい暮らし方~あなたの毎日にちょっと役立つ情報をお届け。

洗いづらいステンレス水筒の内側をラクしてピカピカにする方法

カテゴリ:キッチン, 掃除

エコや節約のためにマイボトルを持ち歩く方も多いと思います。水筒やマグはきちんとお手入れできていますか? 内側は洗いづらくて、毎日洗っていてもよく見たら茶渋がついてる!ということも。直接口に触れるものなので、清潔にしておきたいですよね。

水筒

普段のお手入れ

フタや中栓、パッキンなど意外とパーツが多かったり、洗いづらい形状のものも多い水筒やマグ。ニオイや汚れ、カビを防ぐために、使用後はきちんと洗って十分乾燥させましょう。スポンジが届きにくい底部分は、柄付きのスポンジなどを使うのもいいかもしれませんね。また、みそ汁やスープなど塩分の多いものは、塩分によりサビや保温・保冷不良になることもあるので、入れないようにしましょう。

水筒2 

茶渋や汚れ、ニオイが気になるとき

ボトルの内側のステンレス部分に付着した茶渋は、食器用洗浄剤とスポンジではなかなか落とせません。こんな時は、「酸素系漂白剤」でつけ置きしましょう。

 酸素系漂白剤でつけ置きする際は、フタや中栓などで密閉しないでください。本体の内圧が上がり、中せん・コップが飛び出すなど危険です。

 サビや保温・保冷不良の原因となりますので、「塩素系漂白剤」は使用しないでください。

準備するもの

酸素系漂白剤

使い方

  1. お湯(30~50℃)1Lに対して酸素系漂白剤4g(小さじ1杯)の割合で溶かします。
       
  2. 1で作った液をステンレスボトルの中に入れ、15~30分程度浸します。
       
  3. 水でよくすすぎます。

 外側には使わないでください。

suito_b suito_a
before after

  
「酸素系漂白剤」はツーンとした嫌なニオイがなく扱いやすいのも魅力。さらに、除菌・漂白・消臭の3つの効果があるので、1石3鳥ですね。

ページトップへ