natural&eco ナチュエコ ~人と自然にやさしい暮らし方~あなたの毎日にちょっと役立つ情報をお届け。

皮脂の取り過ぎが原因!? 男性の頭皮トラブル対策

カテゴリ:健康, 家族・子育て

毎日きちんとシャンプーしているのに、髪がべたつく、頭皮がかゆい、フケが出る、などの頭皮トラブルを経験したことはありませんか? 男性が抱える頭皮の悩みの上位は「べたつき」「かゆみ」「フケ」「ニオイ」。そこで、第一印象にも影響する頭皮ケアについてご紹介します。

  • 男性の頭皮の悩み
  • 頭皮トラブルの原因は皮脂の取り過ぎ!?
  • 「頭皮湿疹」が原因の可能性も!?
  • 対策方法は?
  • 石けんシャンプーで頭皮ケア
  • 石けんシャンプーのコツ

男性が抱える頭皮の悩み

男性が抱える頭皮の悩みの上位は「べたつき」「かゆみ」「ニオイ」「フケ」。
 

シャボン玉石けん調べ(2018年7月/N=111 複数回答)

頭皮トラブルの原因は皮脂の取り過ぎ!?

頭皮トラブルは毎日のシャンプーが原因かもしれません。シャンプーする際にゴシゴシこすったり、洗浄力の強いシャンプー剤を使ったり、シャンプーの頻度が多かったりすると、頭皮のうるおいまで奪ってしまい、頭皮が乾燥することがあります。頭皮が乾燥すると皮脂が過剰に出てべたついたり、乾燥した頭皮の粉がフケに見えたり、頭皮のかゆみの原因になることもあります。つまり、肌トラブルを防ぐには、皮脂を取り過ぎないこと(頭皮のうるおいを守ること)が重要です。

「頭皮湿疹」の可能性も!?

フケやかゆみ、赤みなどの頭皮トラブルがある場合、「頭皮湿疹」の可能性もあります。「頭皮湿疹」の主な原因は次の4つです。

皮膚炎の種類 主な症状や原因
アトピー性皮膚炎  痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎。その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。アトピー性皮膚炎によるかゆみや発疹の症状が頭皮に現れることもあります。
 脂漏性皮膚炎  皮脂分泌が増加することで起こる皮膚炎。皮脂が過剰に増加することで、身体の常在菌であるマラセチア(カビの一種)も増殖し、皮膚に対して刺激になることも原因と考えられます。
 接触皮膚炎  外来の刺激物質や抗原が皮膚に接触することによって発症する湿疹性の炎症反応。シャンプーや整髪料、カラーリング剤・パーマ剤などが頭皮に触れることで起こると考えられます。
 皮脂欠乏性皮膚炎  頭皮が乾燥し、バリア機能が低下することで起こる皮膚炎。乾燥しやすい冬場や洗浄力の強いシャンプー剤を使用することなどによって頭皮が乾燥すると考えられます。

対策方法は?

頭皮にやさしいシャンプー剤を選ぶ

洗浄力が強すぎるものや自分の頭皮に合わないものは使用を控え、頭皮にやさしいシャンプー剤を選びましょう。

正しい方法で洗う

シャンプー・リンス(コンディショナー/トリートメント)や汚れが残っていると頭皮への刺激になることもあります。シャンプーや洗い流すタイプのリンス(コンディショナー/トリートメント)や汚れはよく落としましょう。ただし、ゴシゴシこすったり、洗いすぎると頭皮を傷つけたり、乾燥する原因になります。正しい方法で洗い、清潔に保つことが大切です。

 リンスやコンディショナー、トリートメントは、各メーカーやブランドによって使用目的や使用方法が異なります。洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますので、使用している商品の使い方をよく確認しましょう。

パーマの薬剤やカラーリング剤などを見直す

刺激の強い成分が使われているものもあるので、パーマやカラーリングを行う場合は美容師に相談して刺激の少ないものを選ぶなどしましょう。

 自分では原因が分からない場合や対策をしても改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

石けんシャンプーで頭皮ケア

石けんシャンプーは適度な洗浄力で、汚れはきちんと落としながらも必要な皮脂は取り過ぎません。頭皮をすこやかに保ち、髪にハリ・コシを与え、フケやかゆみを抑えます。

チリやほこり等の汚れと違い、弱酸性の皮脂で覆われた汚れは流水だけではきれいに落ちません。

弱アルカリ性の石けんが界面活性作用で汚れを浮かせ、汚れを包みこみます。酸性の皮脂により石けんの洗浄力が弱められ皮脂を取りすぎません。

流水で浮かせた汚れを洗い流します。

必要な皮脂を残し、地肌をすこやかに保ちます。

石けんシャンプーのコツ

石けんシャンプーの正しい洗い方とコツをご紹介します。

①頭皮全体に行き渡るようにお湯で流します。

②髪の毛の流れを整えるように泡を伸ばして、髪の毛全体を洗います。

③石けんが残っているときしみやべたつきの原因になるので、しっかりとすすぎます。

④石けんシャンプー専用のリンスを髪全体になじませ、しっかりとすすぎます。洗面器などにお湯で薄めたリンスを髪全体に流したあと、きしみやべたつきが気になる部分にリンスを付け足すと髪への負担が軽減します。

ページトップへ