natural&eco ナチュエコ ~人と自然にやさしい暮らし方~あなたの毎日にちょっと役立つ情報をお届け。

乳歯の虫歯が永久歯にも感染?「仕上げ磨き」で虫歯予防。

カテゴリ:健康, 家族・子育て

歯磨きがキライなお子さん、多いですよね。親としてはしっかり歯磨きをさせたいところだけど、どうせ生え変わるものだし、と思って油断していませんか?子供の成長発育にとって乳歯を健康に保つことはとっても重要なこと。大人が正しくケアをして、子どものお口の健康を守りましょう。

乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を。

お子さんのお口の中、毎日チェックしていますか?親として、気付かないうちに虫歯ができていた…なんてことは避けたいですよね。実は乳歯の虫歯を放っておくと様々なリスクをお子さんに背負わせてしまう恐れがあるんです。
虫歯は虫歯菌による感染症です。口の中の虫歯菌が増え、口内環境が悪くなると新しく生えてきた永久歯も虫歯になりやすくなると言われています。また、乳歯の虫歯が歯の根っこまで進行すると、その下に控えている永久歯の形成に悪影響を及ぼし、永久歯の変色を招いたり、放置すると永久歯の歯並びが悪くなってしまうこともあるようです。これから生えてくる永久歯のためにも、しっかりと乳歯をケアすることが大切です。

乳歯は虫歯になりやすく、進行も早い

乳歯は永久歯よりも歯質が弱く、歯の厚さも薄いことが特徴です。このため、虫歯になって歯が溶け始めると神経まで早いスピードで進んでしまうと言われています。また、乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしているので磨き残しにも注意が必要です。

正しい「仕上げ磨き」で虫歯予防

口内を清潔にし、虫歯予防のために行う歯みがきは子どもにとって大切な生活習慣の一つ。睡眠・運動・食事の生活リズムを身に付けるのと同じように、歯みがきも生活の一部として習慣付けていきましょう。
子どもは大人に比べればまだまだ手先が不器用。真面目に頑張っていても磨き残しがあることがほとんどです。大人が正しく「仕上げ磨き」を行い、お子さまの歯を守ってくださいね。

①仕上げ磨きの体勢

親が子どもの歯みがきをするときは口の中が見やすく、頭が固定される姿勢で磨くことが大切です。子どもをあお向きに寝かせて頭を膝の上に置いて磨く「寝かせ磨き」がよいですよ。

②磨き方のポイント

歯ブラシはエンピツを持つようなイメージで。歯ブラシを歯の面に直角にあて、小刻みに動かして磨きましょう。デコボコの歯ならびは歯ブラシを縦に持つとよく磨け、奥歯の内側は歯と歯ぐきの間に歯ブラシをななめにあてることがポイントです。
「エンピツ持ち」で「小刻み」に。少し意識するだけでしっかりとブラッシングができますよ。

③子どもが嫌がるときは

子どもが歯ブラシを嫌がってなかなかうまく磨けない…とお悩みのパパママ。大人の磨く力が強すぎてお子さんの口内を傷つけていませんか?特に注意したいのが、「上唇小帯」と呼ばれる前歯に張り出しているすじ状の部分。ここに歯ブラシがゴシゴシと当たると痛いので要注意です。人差し指を横にして上唇小帯の上に乗せ、歯ブラシが当たらないようにしてあげてくださいね。

また、仕上げ磨きのときに子どもから「顔が怖い」と言われた経験はないでしょうか。しっかりと隅々まで磨こうとすると、どうしても真剣な表情になってしまいますよね。毎回、しっかり磨きたいという気持ちも大事ですが、親子のスキンシップの時間として、楽しい雰囲気で臨むことが大切です。子どもと向かい合いながら、お互いの歯を磨くというテクニックもあるようです。

動画で楽しく歯磨き!

親子で楽しめる動画を活用するのもおすすめです。お子さまも楽しみながら正しい歯の磨き方をマスターすることができますよ♪

子どもの歯のお手入れはパパママの大切な役割のひとつ。子どもの仕上げ磨きは小学生くらいまで必要だと言われていますが、子どもの成長はあっという間です。一緒に歯磨きができる貴重な時間を、親子でたのしく過ごしてくださいね。

ページトップへ