natural&eco ナチュエコ ~人と自然にやさしい暮らし方~あなたの毎日にちょっと役立つ情報をお届け。

衣類の「白さ」は白く染めていた!? 「白い=汚れが落ちた」わけじゃない!

カテゴリ:洗濯

 洗濯をして衣類が白くなった=汚れが落ちた、と思っていませんか? 実は衣類を白くするには「汚れを落として白くする」方法と、ペンキを塗るように「白く塗る」方法があります。つまり、白くなった=汚れが落ちた、とは限らないのです! 2つの違いを解説します。

洗濯用洗浄剤に配合されている「蛍光増白剤」とは?

 最近は「蛍光増白剤無添加」や「無蛍光」を謳う洗浄剤も見かけるようになりましたが、どんな物質なのかみなさんはご存知ですか? この「蛍光増白剤(蛍光剤)」とは、一般的に合成洗剤に含まれていることが多く、「白く塗る」ための添加物で、衣類を白く見せるためのものです。

蛍光増白剤のしくみは?

 蛍光増白剤は紫外線を吸収して青白い光を出す性質があり、衣類の見た目が白く見える効果があります。
 綿や麻などの天然繊維はもともと黄色みを帯びているため、多くの白物衣料は製造段階で蛍光増白剤が使われています。しかし、蛍光増白剤は洗濯や着用を繰り返すことで徐々にとれてしまい、日が経つとともに白く見せる効果も失われます。そこで、白さを保つために一般的な合成洗剤には蛍光増白剤が配合されているのです。
 また、蛍光増白剤は紫外線を吸収し青紫色を発色して黄ばんだ繊維を白色に見せる染料なので、ブラックライトを当てると青白く光ります。

 ブラックライト照射前 ブラックライト照射後

蛍光増白剤の注意点は?

 その特性から生成りやベージュ、パステルカラーの衣類に使用すると本来の生地の風合いが損なわれることがあるため、衣類の注意書きで蛍光増白剤入り洗剤の使用を禁止しているものもあります。また、蛍光増白剤は食品添加物として認められておらず、食品に直接触れるふきんや医療用ガーゼ、医療用脱脂綿などへの使用が禁止されています。さらに、蛍光増白剤は他の衣類に移る場合があり、一度衣類に付着すると少しずつ落ちますが、完全には落とすことができません。蛍光増白剤の使用が禁止されている食品に触れるふきんを蛍光増白剤入りの洗剤で洗濯すると、白く染められて洗浄前より見た目も白くなります。
 
ブラックライト照射前 ブラックライト照射後

漂白剤との違いは?

 漂白剤は、衣類のシミ汚れや黄ばみなどの通常の洗剤では落としにくい色素や着色物質を化学反応により分解して、無色の物質に変えるものです。蛍光増白剤が一種の染料であるのに対し、漂白剤は汚れや色素を落とすものです。衣類を白く仕上げることは同じですが、白くする仕組みが全く異なります。
 
 

 いかがでしたか? 意外と知らない洗浄剤の成分や役割をきちんと理解した上で賢く選びましょう。

ページトップへ