natural&eco ナチュエコ ~人と自然にやさしい暮らし方~あなたの毎日にちょっと役立つ情報をお届け。

【専門家コラム】月経は、自分の体と向き合うチャンス

カテゴリ:健康, 洗濯
 女性は食や洗剤のことにこだわっていても、命の源である「月経」については我慢したり、隠したり、後回しにすることはありませんか?布ナプキンを製造販売されている内田登代紀さんに、月経の大切さや、布ナプキンの特長お手入れ方法など、お話しを聞いたのでご紹介します!

布ナプキンを使い始めたきっかけ

 私自身が、月経時にかぶれやかゆみに悩んで、助産師さんに勧められて使ってみたことがきっかけです。布ナプキンは一度使うと快適だし、繰り返し使えて経済的なので、後戻りできないんですね。人にもそのよさを勧めていたのですが、なかなか近くに売っていなくて、それなら自分たちで作ろう、外で働くことのできないママたちの社会復帰の場にもできる、と始めました。

布ナプキンの楽しみ方

 布ナプキンを使うようになって、頭で考えるよりも自然に自分の体の変化を受け入れられるようになりました。子宮が生まれ変わる大切な生理現象を、汚物として捨てるのではなく向き合うと、色や匂いや粘り気などの変化にも気づくことができます。健康だと透き通るような赤ですが、食生活が乱れると、色もどす黒くなって匂いも悪くなるくらい、自分の体調や生活とも密接につながっているんですよ。そして、その時期を快適に過ごせるようになることで、女性として生まれたことに誇りが持て、喜びを感じられるようになりました。
 

お手入れのコツ

●水に洗濯石けんを溶かして、布ナプキンをつけ置き、お風呂に入るときに一緒に広げて足で踏み洗いする
●汚れが落ち切っていないときは、固形石けんでこすり洗いするか、酸素系漂白剤でつけ置き洗いする
心配な方は、外出時は使い捨て、家では布ナプキン、というふうに使い分けてもいいと思います。

月経の大切さ

 初潮を迎える娘さんをお持ちのお父様やお母様には「かわいそうなこと」ではなくて、喜びを伝えてあげて、自分の体を好きになってほしいと思います。
 そして、男性にも、自分には関係ないと思ったり、腫れものに触るように扱うのではなく、月経を素敵なこととしてとらえてほしいんです。体を休める時期なんだと理解し、命の源である月経を大切にしてほしいですね。そして、五感を大切にすることや、人を愛する気持ちなど、性について、お互いの体と心について、きちんと向き合ってみてください。
 
 
 
 
取材協力:内田登代紀さん

株式会社Danae(ダナエー)
会社HP:http://nunonapukin-seiri.com/
(一児の母親業の傍ら、2008年よりママ手作りの布ナプキン『うふふわ。』メーカーを経営。)「LOVEカルテ」〜わたしの性に出逢える本〜を発売中

ページトップへ